ビーチサッカー情報サイト -Beach Soccer Media site-

Beach Football  ビーチサッカー情報サイト -Beach Soccer Media site-

AFCアジア選手権 News 日本代表

強豪イランを延長の末、激闘を制しベスト4進出

更新日:

3月14日(木)、ビーチサッカーに日本代表は、
AFCビーチサッカー選手権タイ2019 決勝ラウンド 準々決勝へ進出し、FIFAランキングでは、日本よりも上位のイランと対戦した。

イランは、アジアのビーチサッカー界でも上位に君臨するチーム。負けたらワールドカップの出場を逃してしまう。
両チームともに強いプレッシャーのかかった一戦となった。

試合は、2点ビハインドから同点に追いつき、延長戦で逆転し、3-2と劇的な勝利をおさめた。

第1ピリオド、日本が決定的なチャンスを逃すと、
9分、イランがゴール前でFKを獲得する。これを冷静に決め、先制。
つづく、10分にも立て続けにイランにFKを獲得され、不運なバウンドもあり追加点を決められてしまう。
0-2で第1ピリオドが終了し、日本は序盤から難しい展開となる。

牧野コーチは、
「ベンチの雰囲気は、1ピリオド終わった時点で悪い雰囲気ではなかった。シンプルで的確な指示を出した。」

と話すように、まだ2ピリオドある。焦らずに点差を詰めていこうと、チーム全体が冷静にやるべきことを確認し合った。

第2ピリオド、3枚のイエローカードが出るなど、両チーム白熱した攻防となったが、21分日本に待望の得点が決まる。
何度となくピヴォにボールが入るがなかなか、イランの厚いディフェンスによって得点に結びつかない時間帯がつづいたが、コーナーから山内悠誠選手がニアサイドで合わせ、イランの固い守りをこじあけた。

日本は、我慢の時間帯を耐え、ひとりひとりがやるべきことを冷静に対処し、1点差につめよった。

第3ピリオドでは、ゴール前コーナーから赤熊卓哉選手が角度のないところから、豪快なヘッドを叩き込み、2-2の同点、試合を振り出しに戻す。
そして、両チーム得点のない中延長戦へ突入。

追いつかれて、焦りのみえるイランに対して、
日本は残り1分、赤熊が倒され、絶好の位置でFKを獲得。

赤熊がこれをキッチリ決めて決勝点。
3-2で日本が、激闘を制し逆転勝利をおさめた。

過去イランとは何度となく戦ってきた相手。
試合後、今までのイランに対するストレスも相当溜まっていたので、今日だけは喜ばせてあげたい。
と、ラモス瑠偉監督。

現地まで駆けつけたサポーターとともに、
選手、スタッフが抱き合い勝利を喜び合った。

AFCビーチサッカー選手権タイ2019 準々決勝 結果

決勝ラウンド 準々決勝
vs ビーチサッカーイラン代表

日本 vs イラン
1P 0-2
2P 1-0 山内
3P 1-0 赤熊
延長 1-0 赤熊

TOTAL 3-2

本日、ワールドカップ出場権を懸けて、
パレスチナと対戦します。

3月15日(金)現地時間 19:00(日本時間 21:00)KICK OFF。

ライブ配信はこちらよりご覧いただけます

https://youtu.be/AW3T_T3g-ug

-AFCアジア選手権, News, 日本代表
-, , , ,

Copyright© Beach Football ビーチサッカー情報サイト -Beach Soccer Media site- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.