ビーチサッカー情報サイト -Beach Soccer Media site-

Beach Football  ビーチサッカー情報サイト -Beach Soccer Media site-

MUNDIALITO News インタビュー

【インタビュー】木船祐樹 選手コメント〜Mundialito Gran Canaria 2022〜

投稿日:

Mundialito Gran Canaria 2022 初戦のポルトガル戦を終えて、木船祐樹 選手のコメントをお届けします。

Q 初めての国際試合は、率直にどんな印象でしたか?

整列して国家を聞いたときは、やっとこの場に立てたなっていう思いと緊張もしていましたが、
1ピリオドで、河合選手からのスローをダイレクトでシュートを打ちました。シュートはポストに当たったのですが、意外とできるな緊張がとけました。
その後、ゴールとアシストにつながったと思います。

Q 監督やコーチからはどんな指示がありましたか?
普段通りやれば大丈夫だから。と個人的には多く言われました。
また、田畑コーチからは、間で受けること。相手の嫌なところで受けるようにと言われて、表現できたかなと思います。

Q 世界大会で自身が通用するところと、しなかったところはどんな点ですか?

1つ1つの技術はポルトガル相手でもある程度やれてたかなと思いました。
相手が嫌がるようなプレーができるように、積み上げはもっと必要だとは思いますが。
また、守備は国内との違いあって、自分のマークについていくというところなど、シフトチェンジしていく必要がありました。

Q ピッチ以外の部分で今回の海外遠征で気づいた点は?

やっぱり普段仕事をしながらトレーニングをしているので、ビーチサッカーに集中できる環境に感謝したいです。
そして、その感謝をピッチで表していきたいと思います。

また、(日本の)エンブレムを背負っているというのは、責任を感じます。
試合に向けて、いい準備をしていかないといけないと思いました。

Q 代表初ゴールを振り返って

フリーキックは、めちゃめちゃ緊張していました。
GKのアンドラージ選手は、世界的にもとてもいい選手で、映像で見てた選手と対峙しましたが、
ゴールを決めることができて、尚更、全然やれるなって思いました。
コーチから点を取れと言われていたので、実現できて嬉しかったです。

(ゴール後チームメイトと喜び合った感想)
代表の立場はチームとは全然違いますし、やっとチームの一員になれた。1つになれたという感じがありました。

 

during day 1 of Mundialito Gran Canaria 2022 on July 21, 2022 in Maspalomas, Gran Canaria, Spain. (Photo by Jose Manuel Alvarez/BSWW)

-MUNDIALITO, News, インタビュー

Copyright© Beach Football ビーチサッカー情報サイト -Beach Soccer Media site- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.